テキサスホールデムのルール

ポーカー

こんにちは!shinです!

今日はテキサスホールデムのルールについて解説していきます!
この記事だけでとりあえずポーカーが出来るという風にしたつもりですので、全くの初心者の方もご覧いただければと思います!

ポーカーは端的に説明すると…
ジョーカー抜きのトランプ52枚を使用し、人数は2人~10人程度で行います。
手札は2枚配られ、場には最終的に5枚のカードが開かれます。
その間に全部で4回のBETを行い、チップを奪い合うゲームになります。

~おおまかなゲームの流れ~

①最初に手札が2枚配られます。(プリフロップという段階)

その手札が配られた時に時計回りの順番で
・最低BET金額でゲームに参加する(チェックorコール)
・金額を上乗せしてゲームに参加する(レイズ)
・ゲームを降りる(フォールド)

これらを選択します。
※細かい順番、SB、BBについては後述します。

前の人がレイズをしていた場合は、自分もその金額をBETしなければゲームに参加することが出来ません。
場にカードが配られる前の手札2枚の段階から駆け引きは始まります。
この段階で一番強いカードはエース2枚を持っている自分です。

勝てる可能性が高い時は他のプレイヤーから多くのチップを奪い取る為にレイズをする訳ですね。
なので、この時点で良い手札ではないプレイヤーはゲームを降りてしまうこともよくあります。

逆にそれを狙って何でもない手札でレイズをして相手を降ろしたりということも起きます。


②場に3枚のカードが開かれます。(フロップという段階)

先ほどと同じく場にカードが3枚開かれた時点で時計回りの順番で
・最低BET金額でゲームに参加する(チェックorコール)
・金額を上乗せしてゲームに参加する(レイズ)
・ゲームを降りる(フォールド)

これらを選択します。

実際だと先ほどのプリフロップの段階でだいたい誰かは降りているので、残っている数人でゲームを進めていくことになります。
6人でプレーしていても、この段階で2~3人になることが多いです。
そして、場に3枚開かれた時(フロップ)のBETで自分以外の全員が降りて勝負が決まることも珍しくありません。

この場合にフォールドする(ゲームを降りる)パターンは相手がレイズ(金額を上乗せ)してきた場合に、それには付き合えないと判断した時になります。
相手がチェック(BET金額の上乗せ無し)をしてきた場合は、自分はコール(同じくBET金額の上乗せ無し)orレイズ(金額を上乗せ)する形となります。

この段階で役が出来ているorあと1枚で役が出来る状態ではない限り、あと2枚しかカードが開かないので、レイズされれば降りた方が良いパターンも多いです。

また、プリフロップでは最強の手札だったエース2枚ですが、画像のようにストレート(5枚連続の数字)、フラッシュ(5枚同じマーク)に繋がる可能性があるカードが場に開かれてしまったので、自分にとっては嫌なカードが出たパターンになります。


③場に追加で1枚のカードが開かれます。(リバーという段階)

先ほどと同じく場にカードが追加で1枚開かれた時点で時計回りの順番で
・最低BET金額でゲームに参加する(チェックorコール)
・金額を上乗せしてゲームに参加する(レイズ)
・ゲームを降りる(フォールド)

これらを選択します。
この段階での基本的な考え方はフロップと変わりません。
ただ、開かれるカードが残り1枚になっているので、このあとに出来る役が限られているため、ラッキーで逆転出来る可能性が少なくなっています。

画像ではBBのプレイヤー以外は降りた形にしました。
そして、追加でエースが開かれて自分としてはスリーカード(同じ数字3枚)の役になったので、役の強さはアップしたのですが、先ほどと同じくストレートやフラッシュには負けてしまう状況なので苦しい状態です。
ただ、スリーカードになったことでツーペア(同じ数字2枚が2つ)には勝てる状態になっています。


③最後の1枚のカードが開かれます。(ターンという段階)

先ほどと同じく場に最後の1枚が開かれた時点で時計回りの順番で
・最低BET金額でゲームに参加する(チェックorコール)
・金額を上乗せしてゲームに参加する(レイズ)
・ゲームを降りる(フォールド)

これらを選択します。

ここで全てのカードが出揃いましたので、自分も他のプレイヤーも役が確定した形になります。
もう運での逆転はありません。
相手のプレイヤーの役を予想し、自分の役と比べてどうかを判断してBETします。

ここで初心者の方だと、そもそもランダムで配られているのに相手のプレイヤーの手札を予想するなんて出来るのだろうか?と思うかもしれません。
でも、予想出来るんです。

エスパーではありませんので、毎回完璧に当てるのは不可能です。
ただ、だいたいこのぐらいの役だろうとか、このカードは持っていないな…、というのをある程度予測することが出来ます。
そして、それはトッププロになればなるほど予測精度は鋭くなります。

何故、予測出来るかというと…

相手も自分も基本を知っていること+相手の癖を読むことで精度を高めることが出来ます。

ここであえて相手も自分もという書き方にしたのは、基本があるからこそ応用があり、基本を全く知らない相手だと何をしてくるか分からないので予測することが難しいということです。

じゃあ読めないならどうやって勝つの?となるかもしれませんが、基本を知らない=自滅や無駄なBETが多いということになるので、自分自身が基本に忠実にプレーしていれば自動的に勝っていきます。

逆に実力者相手に基本通りのプレーだけをすると、めちゃくちゃ読まれてしまいます。
手札の組み合わせは全部で169パターンあるのですが、たった4回のBETで2~3パターンにまで絞られて当てられてしまったりもします。

特にずっと同じテーブルで長時間プレーしていると、相手の癖が読めてくるのでさらに読まれてしまったりします。

分かりやすい例で言うとゲームへの参加率です。
常にゲームに参加すれば当然参加率は100%ですよね。
逆に最強のカードのエース2枚の時にしか参加しないのであれば参加率は0.45%です。
そんな参加率の人がいたら、こいつクソ面白くない奴だなと烙印を押されることは間違いないですね(笑)

でも、そんなことよりも単純に参加率が0.45%だったら期待値はマイナスです。
こんな人ばかりになったら、それこそホントに面白くないのでそうならない為に強制BET制度があります。
それが画像の中にあったBB(ビックブラインド)SB(スモールブラインド)です。
これが順番に回ってくるので、BB=2ドルだとするとSBは必ずその半分の1ドルとなり、エース2枚だけを待つ戦い方をしていたら、じわじわとBBとSBでチップが減っていき損をしていく仕組みになっています。

そんな感じで上手く作られているので、参加率というのは少なすぎると損をしてしまうのである程度以上になるようになっています。
でも、その中で強めの手札でしかゲームに参加しない人、どんどんゲームに参加する人で個人差が出てきます。

もし、強めの手札でしか絶対に参加しない人がいたとすると、それは逆に読まれやすくなったりもします。
その人は絶対強めの手札なので、強さランキングの上位20%ぐらい以上しか参加してないと考えれば、参加しただけで169パターン中の34パターン程度に絞られてしまうからです。
さらにその後のBETの方法でどんどん絞られて、あっという間に読まれてしまいます。

こんな風にただ強い手札だけを待てば良いという訳じゃないのが、奥が深くてめちゃくちゃ面白いです!


おおまかな流れとしては以上です!

ここからは少し補足する部分を書いていきます。

・役について


手札の2枚と場に出ているカード5枚の中で一番強い役が自分の役となります。
仮に場に出ているカードだけでたまたまロイヤルストレートフラッシュが出来てしまった場合は、全員がロイヤルストレートフラッシュということになるので、引き分け(チョップ)という形になります。
また、マークによる優劣は無いので同じ数字の組み合わせの手札で同じ役を持っていた場合も引き分けになります。
数字による強さは以下の通りです。
A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2
エースが強いだけで、あとは数字通りの強さということになります。

同じ役の強さの場合は数字が大きい方が勝ちになります。
また、ツーペアなどの場合はどちらか片方でも大きい数字を持っている方の勝ちなので、画像で言うと自分の勝ちということになります。

ハイカード…役無しの状態。ハイカード同士の場合は数字の強さで勝負になる。
(出現率17.4%)
エースのハイカードをエースハイ、Kのハイカードをキングハイと呼んだりする。他の数字も同じ。
場に出ているカードがお互いの持っているカードより数字が大きければ、場の5枚で役を作る=同じハイカードとなるので引き分けとなる。
同じ数字のカードをお互い1枚ずつ持っている場合はもう1枚の勝負になる。

ワンペア…同じ数字2枚。
(出現率43.8%)


ツーペア…同じ数字2枚が2組。
(出現率23.5%)


スリーカード(トリップス)…同じ数字が3枚。
(出現率4.8%)


ストレート…連続した数字5枚。
(出現率4.6%)

エースについては画像のような組合せの1or14として使用。
K、1、2、3、4のように周回するような組合せはダメ。



フラッシュ…同じマークが5枚。
(出現率3.0%)


フルハウス…同じ数字2枚と同じ数字3枚。
(出現率2.6%)


フォーカード(クワッズ)…同じ数字が4枚。
(出現率0.17%)


ストレートフラッシュ…同じマークで連続した数字5枚。
(出現率0.031%)


ロイヤルストレートフラッシュ…ストレートフラッシュの中で10~Aまでの組み合わせ。
(出現率0.003%)

・順番について


もう一度プリフロップの画像を見て頂くと、「D」と書かれた丸とSB、BBと書かれた人がいると思います。


この「D」というのはディーラーボタンもしくは単純にボタンと呼ばれるもので、これを基準にその左隣にSB、BBとなります。
そして、BBの左隣の人をUTG(アンダー・ザ・ガン)と呼ばれ、このUTGの人から時計回りにプレーしていくことになります。※右隣のUTGからなので、自分は2番目にアクションをする。
その他にもポジションごとに名前がついているのですが、覚えていなくてもプレーには支障がないので、とりあえず今はオッケーです。
そして、1回ごとにこのディーラーボタンの位置が左にずれていき、順番にSB、BBが回ってくるという形になります。
これにより先ほど説明しました通り、全員が強い手だけを待つというのを防ぐのと、順番が回っていく仕組みになっています。

また、SB、BBとは別にアンティというものがある場合があります。
こちらは毎ゲーム全員が自動的に支払う必要がありますが、そのテーブルのルールにより違うのである場合と無い場合もあります。金額はBBの10分の1程度が多いです。

SB、BB、アンティ共に勝った人の総取りになりますので、損をすることはなく参加率を増やす仕組みというイメージで良いと思います。

若干分かりにくいですが、BBの左隣から時計回りにスタートだけを覚えておけばなんとかなります。
ただ、フロップ以降はSB⇒BB⇒UTG⇒自分の順番でアクションをすることになるので少し分かりにくいかもしれません。
SBとBBはプリフロップでは強制的にBETをさせられているので、最初だけは最後にアクションをしてフロップ以降はSBが一番不利なポジションになります。
このポジションというのはポーカーにおいて、めちゃくちゃ重要になってくるのでプリフロップでは全ての人のアクションを見てから自分のアクションを考えられるBBの人が一番有利な位置、それ以降はディーラーボタンがある人が一番有利と覚えておくと良いと思います。

・最低限必要な用語


SBとBBについては少し説明しましたが、もう少し細かい部分を書きます。

BB…ビッグブラインドは強制BETの役割と最低BET金額の基準になっています。
例えばBBが2ドルだとすると、最初にコール(最低金額で参加)するためには2ドル支払う必要があります。逆に自分がBBの場合はすでに強制的に2ドルを出しているので、他の人がコールをしてきた場合はそれ以上チップを出さなくてもゲームに参加出来ます。
また、スタックと呼ばれる自分の持ち点があるのですが、それがいくつかというのをBB何個分かという感じでカウントしたりします。
例えばBBが2ドルで現在のスタックが100ドルなら、50BBのスタックを持っていると表現したりします。
テーブルに持ち込む為のチップ量=スタックやトーナメントのスタックの表現でよく100BBとか50BBとか言うので、覚えておいた方が良いですね。


SB…スモールブラインドはBBの半分。
ゲームに参加する場合はBBに金額を合わせないといけないので、BBが2ドルならSBは1ドルなので1ドルを追加する形となります。


ポット…SBとBBを含めて全員が場に出しているチップの合計。
最終的に全員が降りた時に残った人か、ショーダウン(手札の見せ合い)をした時に勝った人がポットのチップを全てもらう。


サイドポット…複数人でのBETの際に現在の最低BET額以下の人=スタックが足りない人が参加した時に、その人の金額に合わせたポットをサイドポットと言う。それ以外の人のBETはメインポットとなる。
自分の持っているスタックの分しかBETが出来ないので、複数人のBETでスタック差がある場合にサイドポットが作られる。スタックが少ない人がオールイン(全額BET)した時に起きる。
2人しかいない場合は相手から取れる金額も、相手のスタック分までなので少ない人のBETに合わせることになる。
アプリなら気にしなくても計算してくれるし、カジノならディーラーが計算してくれるので仕組みだけ知っておけばOK。


アクションの種類
コール…現在の最低BET金額に合わせること。
例えば誰もレイズをしていない状況でBBの2ドルに合わせることをコールと言いますし、自分より前の人がレイズをして最低BET金額を6ドルにされていたら、自分もその金額に合わせて6ドルをBETすることもコールになります。


チェック…すでに自分が最低BET金額を出している時に、その金額のまま次のプレイヤーに順番を回すこと。
例えば自分がBB(2ドル)で他のプレイヤーがコールをして順番が回ってきた時は、すでに自分は2ドルを出しているので、この金額のままで良ければチェックとなります。
また、その後にフロップで順番が回ってきた時も現在出している2ドルのBETで良ければチェックをすると、その金額のまま次の人に順番が回ります。
今のBET金額のまま様子見するという意味でチェックということになります。


レイズ…金額を上乗せすること。
例えば先ほどのチェックの時と同じく自分がBB(2ドル)で、他のプレイヤーがコールをして順番が回ってきた時にBET金額を上乗せしたい時にレイズと言って、前のプレイヤーのBETの2倍以上を上乗せします。
今回の場合は、自分が強制的にBETしているBBの2ドルだけなので、最低2ドル上乗せとなります。
自分がレイズしたあとは、他のプレイヤーがその金額でコールするかレイズするか、諦めてフォールドするかのどれかになります。
レイズに対してレイズで返すことをリレイズと言い、さらにリレイズにレイズをすることをリリレイズと言うようですが、とりあえずレイズと言っておけば問題ありません。
最低レイズ金額のことをミニマムレイズと言うのですが、1人のBETに対してのレイズは単純に2倍で考えれば良いので簡単です。
5ドルBETされていたら、10ドルがミニマムレイズになります。
ただ、リレイズやリリレイズをする時は少しややこしいです。

Aさんが2ドルBET⇒Bさんが8ドルにレイズ⇒Cさんに順番が回ってきてリレイズをしたい場合は最低14ドル必要となります。
直前にBETした金額=8ドル、直前に上乗せした金額6ドル、この二つを足して14ドルとなるそうです。

これに関してはややこしいので覚えなくて良いです。
現在、出ているBET金額の2倍をすればレイズが出来ると覚えれば大丈夫です。


フォールド…ゲームを降りること。
プリフロップの段階ではSBとBB以外は強制BETが無いので、最初に配られた手札が弱かった場合はフォールドすれば損失はありません。
逆にSBとBBはプリフロップでフォールドすると、強制BETしている分は損失になってしまいます。
複数人でプレーしている時に途中で誰かが降りた場合は、その人がそれまでにBETしていたチップは最終的に勝った人が獲得することが出来ます。


オールイン…自分の持っているチップを全てBETすること。
最低BET金額に足りていない+複数人BETしている状況の場合はサイドポットが作られる。
オールインをした際に相手のスタックが足りていない場合は、相手のスタック分しかこちらもBETしたことにならない。
どちらにしても相手から取れるのはBETした金額のみとなる。


少し長くなりましたが、とりあえずこれだけ知っておけばプレー出来るっていう説明をしたつもりです。
細かい部分はまだ色々ありますが、習うより慣れろって感じなので数回プレーした方が早いと思います。
それでだいたいルールを理解したあとに、用語を覚えたり強くなる為には何をやっていけばいいのかという話になっていくと思います。
用語は人に説明する時に必要になることが多いだけで、知らなくてもプレー出来る用語は多いです。

強くなる為にすることは僕もまだまだ勉強中で模索しています。

それでもとりあえずはやってみると思いのほか楽しいので、ぜひKKpokerで一緒にトーナメントなどをやりましょう!
むしろ、上手い人とかも入ってもらえると嬉しいです!
人が集まればDiscordなどでやり取りしたり、Zoomでオンラインポーカーとかも出来れば面白いだろうなぁって思っています!


それではまた次の記事で!
KKpoker⇒https://kkpoker.club/121305

コメント