テキサスホールデムの魅力

ポーカー

こんにちは!shinです!

今までバイナリーのことばかりを発信していたので、いきなりポーカーの話をされても…
っていう方は多いと思います。

なので、ポーカーの基本的なルールや魅力についてしっかりと書いていこうと思います!


そもそもポーカーって日本で一般的に知られているのって、5枚のカードが配られて2回手札を交換してワンペアとかフラッシュとかフルハウスを作って戦うみたいなルールのものじゃないでしょうか?

僕自身もそのルールのポーカーしか知りませんでした。

しかし、世界的にはテキサスホールデムという名前のルールのポーカーが一般的です。
今回紹介したいのが、そのテキサスホールデムになります。

ルールについては次の記事でもう少し細かく説明しますので、とりあえずざっくりとだけ説明します。

役自体は日本で知られているポーカーと全く同じで、ワンペア~ロイヤルストレートフラッシュがあり、その役の強さによって勝敗が決まります。

ただ、5枚の手札で戦う訳ではなくテキサスホールデムは2枚の手札で戦います。
そして、最終的に場に5枚のカードが出て、自分のカードの2枚と合わせて7枚の中から5枚選び勝負することになります。

この段階では「ふーーん…」ってぐらいにしか思わないかもしれませんが、
手札が2枚になっただけで、今まで知っていた5枚の手札で勝負するポーカーとは全く面白さが違います!

テキサスホールデムの魅力

①読み合いが発生する

最終的に自分の2枚の手札も合わせて、5枚で役を作らなければなりません。
その為、最低でも3枚は場にあるカードを使わなければいけないのですが、当然それは他のプレイヤーも同じです。

例えば画像のようなカードが場に出ていた時に…

自分の手札がエース2枚だったとします。

この場合は自分の役はエースの3カードとなり、役の中ではかなり強い部類に入ります。

しかし、相手が10と11を持っていたらストレート(連続した5枚の数字)という役になってしまったり、

スペードを2枚持っていただけでフラッシュ(5枚同じマーク)という役が完成してしまいます。


このように元々最強の手札であるエース2枚を持っていても、相手がストレートやフラッシュかもしれないということを考えながらプレーしなければいけませんし、全部で4回のBETするタイミングがあるのですが、そのBET金額などのアクションで相手が強い役が出来ているのかを読まなければいけません。

これは一見単純そうなのですが、この共通のカードを使用するおかげでめちゃくちゃ奥が深くなり面白くなっています!

②ブラフが出来る

先ほどの例で自分はエースを2枚持っていて、相手がストレートかもしれないしフラッシュかもしれないと考えないといけないとお伝えしましたが、その「かもしれない」という部分を利用して、自分は何も役が出来ていないのに、BET金額を大きく張ってフラッシュを持っているぞとブラフをすること=ハッタリをかますことが出来ます。

これにより何も役が出来ていないのに、負けて大きな損失を出したくないエース2枚のプレイヤーはFOLD(勝負を降りる)するかを迷わなければなりません。

ここも突き詰めると奥が深くなるのですが、単純に良い手だから勝てて悪い手だから諦めるという運だけの勝負では無くなる形になり、何でもない手札でエース2枚に勝てたり、その逆もありそれがすごく面白いです。

③運と実力が必要だが、そのバランスが絶妙

長期的に見れば確実に実力の差は出ます。
しかし、短期的に見れば知識や実力が無くても、手札と場のカードで一番強い役が出来てしまえばどんなプレーをしても勝てます。
細かく言えば勝ち方によってチップを獲得出来る量が違うので、最大利益を取れるかどうかは実力も関係します。
でも、先ほどの例でいくとエース2枚に対して、スペードの2と3を2枚持っていれば勝っています。

結局は場のカードが何が出て、自分の手札と合わせてどんな役になるかが勝敗の大部分を占めます。
どんなに最強のプロ相手でも、最強の役のロイヤルストレートフラッシュを自分が作れていたら負けることは絶対にありません。

そして、自分の役がロイヤルストレートフラッシュになるかは単純にです。
0.003%の確率を引けるかどうか。

ここまで極端ではないにしろ、いくら実力があっても役の強さで毎回負けていたらお手上げです。
出来ることは負け額を少なくすることだけです。
もちろんブラフで相手を降ろさせることも出来ますが、初心者はあまり降りなかったりするのでBET金額を引き上げて逆に自分の首を絞めてしまう場合もあるので限界があります。

でも、だからこそ面白いんです。

スポーツやeスポーツ、将棋やチェスなどあらゆるジャンルのプロと勝負をした時に、短期的にとはいえ初心者が勝てる可能性がある競技って、運が絡む麻雀やポーカーといったギャンブルしかないんですよ。

初心者がプロサッカー選手に何回挑んでも勝てないですよね。
将棋でもゲームでも初心者がプロに勝つなんて、100回やって1回すら勝てないと思います。
でも、ポーカーは違うんです。
回数が増えれば増えるほど、実力差は出ますが10回勝負なら初心者が8回勝っても全然不思議じゃないのがポーカーなんです。

ギャンブルって一言で表すと嫌悪感を示す人もいますが、よく考えたら初心者がプロに勝つなんて凄くないですか?

…これが魅力なんです。

だから、トーナメントなどの短期決戦ではプロがアマチュアに負けることも普通にあります。
でも、逆を言えば初心者の段階でもプロに勝てる可能性があるってワクワクしませんか?

あくまでこれは運が良かった時はということなので、普通に言えばやっぱりプロの方が勝率は高くなります。
仮にプロなら1000分の1の確率で優勝出来るレベルのトーナメントに、初心者が出たら8000分の1の確率で優勝出来るというようなイメージです。

ちなみに世界最大のポーカー大会のWSOPで優勝すると約10億円ぐらいの賞金がもらえるそうです。
億トレーダー10人分の賞金です。
ちなみにファイナルテーブルの9人に残れば1億円もらえるようなので、ファイナルテーブルに残れば億プレーヤーです(笑)

夢がありますねー!

しかし、参加費だけで110万円で参加人数も数万人はいるので、運だけではミリオンゴッドで3回連続GODを引けるぐらいの人しか無理でしょう…(笑)


それでも実力が劣っていても小さいトーナメントなら勝てる可能性があるというのは魅力的ですし、かと言って運だけではなく実力や駆け引きも大きく関係してくるので、そのバランスが素晴らしいゲームだと思います。

それゆえに実力がついたとしても負けが続いたり、自分に実力があるか分からなくなることもあるそうですが、初心者のうちはメリットの方が大きいので気軽に始めやすいっていうのがポーカーだと思います(^^)

④レートによって実力が変わる。

先ほど運で勝てる場合があるとは書きましたが、それはあくまで短期的な勝負の話です。
回数を重ねるほどに運より実力の要素が強くなります。
勝率が40%の勝負を10回やった場合と比べて、1000回やった場合に勝ち越せる確率がほぼ無くなってくるのと同じです。
もちろん確率の話なので0にはなりませんが、そこら辺はみんな大好きボリンジャーバンドで出てくる標準偏差でどのぐらいの確率なのかの答えを出せたりもします。

なので、基本的に結局は実力勝負になってきます。
しかし、バイナリーやFXでは初心者でも、証券会社のプロでも実力差は関係無しに全員が同じチャートを見てエントリーを考えるのですがポーカーはそこが違います。

レートによって実力が変わるんです。

ここが大きく違います。
先ほど説明したWSOPはサッカーで言うならワールドカップです。
世界中のトッププレイヤーが集まる大会で初心者が戦うなんて、運が絡むとはいえさすがに無謀過ぎます。
また、トーナメントだけではなくテーブルごとに各個人が決められた金額のチップを持って参加して、それを奪い合うキャッシュゲームというのがあります。

そのキャッシュゲームにしても参加するために必要な最低金額があります。
キャッシュゲームもトーナメントもワールドカップクラスになれば参加するのに100万円以上必要だったりするのですが、そうなるとリターンも高くなります。
当たり前ですが、参加人数or参加費が多ければ多いほど賞金は高くなります。

なので、より多く稼ぐためにはWSOPも含めて、参加人数or参加費が多い中で勝つ必要があります。
ただ負ければ高額のお金を失う勝負には、ある程度勝算が無いと参加しませんよね?

だから、参加に必要な金額=レートが高いほど自分に自信がある人が参加する=実力がある人が多いという形になります。

なので、基本的にレートの高さは実力に比例していると考えていいです。
基本的にと書いたのは、普通の人にとっては100万円が無くなったら大ダメージですが、資産5000億円を持っていたらパチンコで負けたよりダメージは無いですよね。
そういう感じでそのレートで負けてもダメージが無い人や遊びと割り切って参加したりする人もいるので、周りと実力差はあるけど参加しているというパターンもあったりします。

でも基本的にはレートで実力が変わるので、トッププロには勝てなくても自分が参加するレートで勝てる実力がつけば稼げる可能性があるということになります。

もちろんレートが低い=稼げる金額も少ないので一攫千金は出来ません。
でも、サッカーで言うなら地区リーグから県リーグ、J3、J2、J1みたいな感じで段階的に戦っていけるステージがあることになるので、その点はバイナリーより良いと思っています。

しかし、それはみんなが分かっているし、面白いゲーム性だからこそバイナリーなんかよりはるかに競技人口が多い=レベルが高いことにも繋がるので、口で言う程簡単ではないとは思っています。

でも、自分ならやれると僕は思っています。

⑤これから日本で流行る!

IR(統合型リゾート)の誘致、通称カジノ法案については耳にすることも多くなってきたと思います。
日本にカジノが出来れば当然もっとポーカーに注目は集まりますし、ギャンブルに対しての風向きも変わると思います。
依存症などの問題はもちろんありますが、そもそも国に利益配分するかどうかの差でパチンコ、競馬、競輪、宝くじは完全にギャンブルです。
個人的には正直そこまでギャンブルが大衆に広まっているのに、今さら富裕層向けのカジノで大きく変わると思えないです。

それよりもポーカーが流行り始めている今!
勉強を始めればカジノが日本に来る頃には実戦で戦える実力がつくかもしれませんし、友達にも一歩、二歩リード出来ると思います!
現在、日本ではアミューズメントカジノという形でお金を賭けないポーカールームがたくさん出来ています。
僕もまた突撃していって、その結果も書いたりしようと思ってますのでお楽しみに!(^^)



ということで、前回も紹介しましたがこちらのKKpokerという無料アプリで一緒に勉強しながらポーカーをしませんか?
入金をしなくても無料のトーナメントもありますし、そこで獲得した賞金を使ってリングゲーム(テーブルにいるプレーヤー同士だけの戦い)に参加したりすることも可能です。


ただ、入金せずに無料トーナメントだけの参加を考えている場合はちょっと回数が少ないのが残念なところです。
そこで僕の紹介でアプリを始めて頂くと自動的にクラブの一員になるようなのですが、そのクラブ内では僕が自由にトーナメントを開けるようなので、そこで初心者向けの無料のトーナメントをたくさん開いてみたいなと思っています。
で、人数が多くなったらたまに賞金付きのトーナメントを開催してみたり。

僕もまだホントに初心者に毛の生えたレベルなので、自分も含めてまずは練習するのに一石二鳥かなと思っています。
これまでも入金はしてなくて、無料のトーナメントでコツコツ賞金を獲得して40ドルほど稼いでます。
それを使ってリングゲームというのに挑戦して、ちょっと減らしたり…(笑)

これから基本的なルールはもちろん、僕自身が勉強したことをアウトプットしていきますので、全くの初心者の方も一緒に成長していきましょう!

僕自身もいくつか使ったり調べた結果こちらのアプリを利用していますが、むしろもっと良いアプリ等をご存知の方は教えて頂けると嬉しいです!

ポーカーは運の要素も強いと言いましたが、突き詰めるとバイナリー以上に数字との勝負です!
そこが難しく面白いし、だからこそ勉強すれば勝てる可能性を上げることが出来ます!

書きたいことは山ほどありますので、ブログの更新頻度も増やしていきたいと思っていて、実はすでに5記事ほどストックを作りました。

ポーカー以外の内容も含めて新しい世界にワクワクしながら書いています!

それではまた次回の記事で!
KKpoker⇒https://kkpoker.club/121305

コメント