BADsignal自動運用結果(5月)

投資全般

こんばんは!shinです!

先月は残念な結果になってしまいましたが、今月は素晴らしい成績でした!
※6/15:最大ドローダウン、リカバリー回数も追記しました。

MT4については、FXDDが窓空きやラグがひどい状況になってしまっていたので、途中からFXCMに変更していますのでご了承ください。

5/1~5/31の自動運用でのフォワード結果
FXCM:108戦66勝42敗:勝率61.11%
アキシオリー:98戦58勝40敗:勝率59.18%


MT4との乖離については今回は良い方に転んだパターンのが多かったです。

MT4では勝っていてフォワードで負けている:1回
MT4では負けていてフォワードで勝っている:2回


以上のような結果でした。

完全に自動で運用してこの結果が出れば十分かなと思います。

ちなみにツイッターの方に載せましたが、3/29から100万円で運用を開始した僕の口座は画像の時点で147万円で、本日の時点で150万円を超えました。
※僕の口座はMT4のエラーが原因と思われるエントリーで2勝しているものも含まれます。

約2ヶ月で+50%です。



投資の知識がある方なら2ヶ月で+50%がどれだけハイリターンかご理解頂けると思います。
もちろん相応のリスクがあるからとも言えます。

4/1~5/31までの運用結果は…
FXCM:218戦125勝93敗:勝率57.33%
アキシオリー:203戦113勝90敗:勝率55.66%


以上のような結果となっています。
4月のマイナスをしっかりと巻き返す結果となりました。
ちなみに現在は8連勝中と波に乗っているので、6月もすごく楽しみだなと思っています!

※6/15:追記
期間中の最大ドローダウンとリカバリーについては以下の通りでした。




また、実は新しい発見がありました!
それはバックテストでの複利運用で5%BETしたとしても1度も破産しなかったということです。

5%ですよ?!

複利でデータを取っている方ならご理解頂けると思いますが複利で5%で運用するって、めちゃくちゃリスクが高いです。
もちろんその分、めちゃくちゃリターンが大きいです。

自分達としても、さすがに5%で運用するつもりも無いし、5%は溶けるでしょって思って3%BETまでしかデータを取っていませんでした。
正直、3%でもかなりリスクは高いです。
並のロジックなら3%でもバックテストですらどこかで普通に破産します。

それが分かっていたので5%のデータを取っていなかったのですが、口座が凍結した際の利益没収や出金拒否など、万が一の時のリスクを下げるために、残高を少なめにして複利のBET金額を大きくするという運用方法を検討した際に、改めてデータを取って気付きました。


これにより、例えば本来なら残高が100万円で2.5%BETをした場合は25000円ですが、残高を50万円に減らして5%BETで25000円というような選択肢が生まれます。

また、パーセンテージが違うので利益が出るスピードは上がります。

もちろん減るスピードも増えますがバックテスト上では溶けないし、仮に溶けてももう一度50万円を入金する余力がありますよね。

そして、もしちゃんと利益が出た場合に口座凍結で一部出金出来なかったり、利益没収される時もすでにある程度出金していれば被害は最小限で抑えられます。


こんな風にBET金額や残高の調整が出来るロジックであれば、リスクとリターンを考えて自分なりの選択が出来ます。
これはここまでデータを取っている+ポテンシャルが高いBADsignalだからこそ出来ることだと思っています。



僕自身も今後は複数口座での運用はロジックの組み合わせとは別にBET金額や残高でも調整していこうと思っています。


しかしながら、ブログをご覧の皆様と致しましてはちょっと5月が良かっただけでしょ?
と思っている方もみえると思います。

ウォークフォワードテストでのエントリー回数の中央値が約300回となっています。

僕たちとしてもそのぐらいの回数の時の結果と中央値との乖離を見て、またもう一段階評価をしたいと思っています。

ですので、次の6月の結果の時に色々見えてくるのかなと思っています。

それではまた!


BADsignalの記事はこちら↓
※初回購入時は初月無料特典付き!月初めの購入が一番お得です!

コメント